AGAの回復率はどのくらいなの?

AGAの回復率はどのくらいなの?

AGA(男性型脱毛症)の治療をクリニックで行い、回復率がどの程度なのか気になる方はいらっしゃるはずです。

 

現在では様々なAGAの治療が取り入れられており、その方法によって異なるものの、長期間に渡って処置を施していれば薄毛が気にならないようなレベルまで回復できます。

 

脱毛の原因となるDHTを引き起こす酵素を阻害し、日本皮膚科学会でも推奨されているプロペシアの場合、1mgを1年間に渡って服用した際の回復率は98%という国内の臨床データが出ているのです。

 

薄毛の改善が58%、現状維持が40%と合わせて98%という数値ですが、抜け毛を抑制して薄毛を食い止める効果がプロペシアにあることは間違いありません。

 

1日に1回の服用を毎日心掛けることで、投与してから1年後に毛髪状態の改善や維持が認められておりますし、そのまま続けたり塗るタイプの育毛剤を併用したりしていれば、もっと回復率は高くなります。

 

発毛メソセラピーやHARG療法、自毛植毛によるAGAの回復率に関しては詳しい数値は出ていないものの、今の状態よりも悪化する可能性は極めて低いので、薄毛が気になり出した段階で何かしらの対策を行うべきです。

 

AGAは進行性の病気ということで自然に改善することはなく、何も対処をしなければ悪化の一方を辿ってしまうでしょう。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックではAGAの症状で悩む患者さんのために、様々な治療法が採用されております。

 

一人ひとりの症状に合わせて治療法を決める無料カウンセリングも充実しており、回復率を少しでも高める処置を施してくれるので、是非湘南美容外科クリニックを受診してみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、薄毛の状態が進行すればするほど回復率は低くなりますし、試せる治療法も限られてくるという特徴があります。

 

例えば、自分の髪の毛を脱毛した部分に移植する自毛植毛は毛髪がなければ手術を受けることができないので、ハゲが進んでツルツルの状態になればどんなに高い費用をかけても無駄なのです。

 

内服薬のプロペシアや外用薬のミノキシジルでも同じことが言えますし、少しでも改善するためにも早めに対策を練った方が良いでしょう。

 

医薬品の使用に頼るだけではなく、バランスの良い食事を心掛けたり禁煙をしたりと、毎日の生活で抜け毛の引き金となる要素を探すのもAGAの改善に繋がります。

 

AGA専門のクリニックを受診すれば、医薬品が処方されて終わりというわけではなく、生活習慣に関する詳しいアドバイスもしてくれるはずです。


「AGAのFAQ」に関するページ