AGAの治療は一生行うの?

AGAの治療は一生行うの?

「AGA(男性型脱毛症)の治療は一生続けなければならないの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、医薬品の服用にしても手術を受けるにしてもAGAの治療には高い費用がかかってしまうということで、一生続けなければならないのかどうか気になる方は多いはずです。

 

個人の症状によって異なるものの、基本的に男性ホルモンは薄毛を引き起こすだけではなく健康を維持するために必須な物質ということで、生きている間は分泌され続けるという特徴があります。

 

AGAは男性ホルモンのテストステロンが酵素の働きによって脱毛を引き起こすDHTに変わることが大きな原因なので、理論的には一生医薬品などを飲み続けてAGAと戦っていかなければなりません。

 

しかし、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が少なくなればDHTも生成されにくくなるため、原材料となるテストステロンが加齢によって減少すれば薄毛の症状は緩やかになります。

 

男性ホルモンの分泌量は20代〜30代がピークとなり、40代を超えるとだんだんと減少していく特徴があるため、AGAを発症するリスクや悪化するリスクは抑えられるというわけです。

 

つまり、一生AGAの治療薬のプロペシアを飲み続けなければならないわけではなく、ある程度薬でDHTの生成を抑えることに成功すれば服用を中止しても良いのではないでしょうか。

 

とは言え、自己判断で中止するとAGAを進行させる大きな原因となるかもしれないので、クリニックの医師の判断に任せるのがベストです。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、個人のAGAの症状や体質に合わせて最適な治療法を提供してくれるので、一度無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、比較的安全性の高い医薬品だと言われているAGAの治療薬でも、何かしらの負担は身体にかかってしまいます。

 

プロペシアは性機能が衰える原因になりやすいですし、ミノキシジルは心臓に負担がかかってしまうので、どの医薬品も一生の友達にはならない方が良いのです。

 

プロペシアの服用をやめれば一定期間は現状維持できたとしても、いずれは薄毛が進行していきますしミノキシジルによる発毛でも同じだと説明できます。

 

しかし、一生涯に渡ってAGAを治療しなければならないわけではないですし、そもそもAGAは絶対に克服しなければならない病気ではありません。

 

自分が十分に満足できる程度のレベルまで髪の毛が生えたり、年齢を理由に薄くなっても気にならないのであれば治療を中止するべきです。

 

ガンといった命に関わる病気であればまだしも、AGAが原因で生命が脅かされることは100%あり得ないと頭に入れておきましょう。


「AGAのFAQ」に関するページ