AGAとビタミン

AGAとビタミンについて

バランスの取れた食生活でAGA(男性型脱毛症)を改善したり治療効果を上げたりすることは可能で、数ある栄養素の中でもビタミンは非常に大事となっております。

 

五大栄養素の一つのビタミンには幾つかの種類があり、その中のビタミンB群やビタミンEには血流の改善を促して血行促進に繋げるという働きがあるのです。

 

いくらAGAを治療するためにプロペシアを中心とする医薬品を服用していたとしても、普段の生活で摂取する栄養素が足りず抜け毛が多くなっていたのでは意味がありません。

 

AGAの改善のためにビタミンを取り入れるというよりも、治療効果を少しでも高めるために頭皮環境を正常に保つビタミンをバランス良く摂取していく必要があります。

 

肉類ばかりの食生活を送っている方はビタミンB群やビタミンEといった栄養素が取り入れられないので、野菜類や魚類を食べる食生活へとシフトチェンジするべきです。

 

また、美肌作りのために欠かせないと考えられているビタミンCも育毛や発毛と大きな関わりのある栄養素の一つとなっており、AGAの治療中の方は特に積極的に食べ物から取り入れる必要があります。

 

ビタミンCは健康的な髪の毛を生成しているコラーゲンに欠かせない栄養素となっており、十分な量を摂取できていれば髪の毛を作っている細胞同士の結び付きが強まり、スムーズに太く長く成長していくという仕組みです。

 

AGAを発症している方はヘアサイクルが短くなり、しっかりと成長する前に抜け落ちてしまうため、ビタミンCが大事な栄養素だということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

ビタミンCは体内で生成されない栄養素なので、食べ物や健康食品といった形で外部から摂取する必要があります。厚生労働省は1日100mgのビタミンの摂取を推奨しており、大よそレモン1個分でこの量に達するはずです。

 

レモンを毎日1個ずつ食べていれば、他の食品とも合わせて1日に100mgを取り入れられますし、多めに摂りすぎても余分な分は尿として排出されるので過剰摂取のリスクは大してありません。

 

喫煙や飲酒の習慣がある方は、体内でビタミンCが大量に消費されてしまうため、1日に300mgのビタミンCを目安にするべきです。

 

飲酒であればまだしも、タバコは頭皮の血行を阻害して栄養分を行き渡りにくくさせ、AGAの症状の悪化に繋がるのでできる限り禁煙を試みた方が良いでしょう。

 

もちろん、ビタミンの摂取だけではAGAの治療に繋がらないので、既に薄毛が進行して今直ぐにでも食い止めたいという方は、湘南美容外科クリニックへの受診をおすすめします。

 

個人の薄毛や脱毛の症状に合わせた治療法がこの病院では採用されているので、専門的なAGAの治療を受けるためにも湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAと関係のある栄養素」に関するページ