AGAとイソフラボン

AGAとイソフラボンについて

育毛に良いと言われている栄養素は意外と多く、その中の一つが納豆や豆腐といった大豆製品に含まれているイソフラボンとなっております。

 

イソフラボンには男性ホルモンを抑制したり髪の毛を作っている毛母細胞を活性化する働きを持っているため、AGA(男性型脱毛症)と深い関係性があることがお分かり頂けるはずです。

 

大豆製品を摂取してイソフラボンを取り入れていても、直接的にAGAの治療に繋がるわけではありませんが、抜け毛の予防にはなるかもしれません。

 

AGAの治療もさることながら、抜け毛を少しでも抑えて現状維持するような対処も欠かせないので、その役目を担ってくれるイソフラボンは非常に重要だと説明できます。

 

実際に、大学病院の教授は大豆の中に含まれているイソフラボンとトウガラシの中に含まれているカプサイシンの効果が合わさり、成長因子の一つであるIGF-1を増やして髪の毛の生成に繋がるという学術論文を発表しました。

 

しかし、イソフラボンとカプサイシンの相乗効果で育毛作用が得られるという論文は2004年に発表され、その8年後の2012年に捏造が行われていたことが発覚したのです。

 

確かに、2つの成分の摂取でIGF-1を増やせるのは事実みたいですし、AGAの予防に繋げられるかもしれませんが、唐辛子を大量に摂取しなければならないというデメリットがあります。

 

教授の発表を聞いて試してみた男性の中には、唐辛子の過剰摂取によって胃腸の不調や排便時の痛みを訴える方が増え、教授は停職6ケ月、准教授は懲戒解雇という処分が下されました。

 

とは言え、イソフラボンは昔から女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをすると考えられており、男性ホルモンのテストステロンの血中濃度を下げてくれます。

 

AGAはテストステロンが酵素の働きによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることが大きな原因なので、イソフラボンが髪の毛と大きな関わりを持っているのは紛れもない事実なのです。

 

男性には少々関係のない話かもしれませんが、みずみずしく艶やかな髪の毛を手に入れられるということで女性から注目を集めております。

 

大豆といった食べ物を積極的に食べても効率良くイソフラボンを取り入れることができないかもしれないので、このサイトでご紹介しているサプリメントの「GUNGUN(ぐんぐん)」がおすすめです。

 

「GUNGUN(ぐんぐん)」には、AGAの予防に効き目のあるイソフラボンとノコギリヤシの2種類の栄養素が含まれているので、通販を利用して購入してみてください。

 

 

 

 

 

 


「AGAと関係のある栄養素」に関するページ