AGAとカフェイン

AGAとカフェインについて

緑茶やコーヒー、紅茶といった飲み物の中に含まれているカフェインは胎児に悪影響が加わるということで、妊娠中や授乳中の女性であればなるべく避けるように医師から告げられるはずです。

 

しかし、実はカフェインの摂取によって男性ホルモンのテストステロンを脱毛を呼び起こすDHTに変える5αリダクターゼという酵素の働きを抑えるため、AGA(男性型脱毛症)の予防に繋がるのではないかと囁かれております。

 

確かに、AGAの治療薬として用いられるプロペシアには、5αリダクターゼを抑制する作用があるため、カフェインの摂取も理に適っているのです。

 

被験者にカフェインを与えたところ、髪の毛の長さが約46%伸び、寿命も約37%伸びたという研究結果が出ました。

 

ドイツのベルリンの大学クリニックでの研究でも、カフェインの頭皮による吸収で2分間程度付けておくだけでも効果があることが判明したのです。

 

カフェインの過剰摂取によって中毒を引き起こすという懸念もあるため、コーヒーや紅茶をガバガバと飲み続けるような真似は避けるべきですが、AGAと関係性があることは間違いありません。

 

もちろん、5αリダクターゼの抑制効果に関してはカフェインよりもプロペシアの方が圧倒的に上なので、実際に発毛効果を得るのは難しいと説明できます。

 

それでも、カフェインの摂取によって利用作用を促し、脱毛を引き起こす血中のDHT(ジヒドロテストステロン)を排泄できるので、タバコのように無理に禁じなくても良いのです。

 

そもそも、カフェインは過剰摂取による危険のリスクが高いだけで、適度な摂取を心掛けていれば「覚醒作用」「胃酸分泌作用」「血管拡張作用」といった効果が得られます。

 

恐らく、頭皮の血管を拡張させて血行不良を改善する効果も持ち合わせているはずなので、栄養分を行き渡らせて毛髪の生成を促進することはできるはずです。

 

ただし、既にミノキシジルでAGAの治療を受けている方は、血圧を上げたり強心作用があったりというカフェインを摂取することで心臓にかかる負担が大きくなるので十分に注意した方が良いでしょう。

 

特に、ミノキシジルタブレットを医師から処方されている場合、事前にカフェインを摂取し過ぎないようにと注意を受けるはずです。

 

抜け毛や薄毛に効果的だからといって自分勝手な対処を行っていると、身体に思わぬトラブルが引き起こされることもあるので、AGAの治療は医師の指示に従って行う必要があります。

 

このサイトでご紹介している湘南美容外科クリニックであれば、事前の無料カウンセリングで詳しい説明があるはずですし、アフターフォローも充実しているので一度受診してみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAと関係のある栄養素」に関するページ