AGAとアミノ酸

AGAとアミノ酸について

私たちの生命の源とも呼ばれているアミノ酸は髪の毛の生成にも欠かせない存在となっているため、AGA(男性型脱毛症)と大きく関係している栄養素となっております。

 

アミノ酸が合成してタンパク質となり、身体の皮膚や細胞といった部位を作っているため、欠かせない栄養素だということはお分かり頂けるはずです。

 

私たちの毛髪の大部分はケラチンと呼ばれるもので構成されておりますが、その生成にはシスチンやメチオニンといったアミノ酸も必要なので、AGAの予防のためにしっかりと取り入れなければなりません。

 

特に、人間が身体の中で合成できない必須アミノ酸の存在が大きいので、食べ物やサプリメントを利用して定期的に取り入れるという試みが大事なのです。

 

下記では体内で合成できない必須アミノ酸をご紹介しており、AGAの改善とも大きく関わっているので、その働きや含まれている食品に目を通してみましょう。

 

 

  • バリン・・・・クロマグロや豚レバーに含まれ筋肉の構成や成長に関与し、肝機能の向上効果が得られる。
  • イソロイシン・・・・豚ロースや鶏卵に含まれており、神経機能補助や血管を拡張させる作用がある。
  • アルギニン・・・・イセエビや無調整豆乳に多く含まれ、成長ホルモンの分泌に関与している。
  • ヒスチジン・・・・カツオやクロマグロに含まれており、ヘモグロビンの産生に関与している。
  • スレオニン・・・・魚類や鶏肉に含まれているアミノ酸で、脂肪肝の抑制効果がある。
  • フェニルアラニン・・・・牛レバーや鶏むね肉に含まれており、鎮痛作用や血圧の上昇を抑えてくれる。
  • トリプトファン・・・・レバー類やプロセスチーズに配合されており、血圧やコレステロールの調節に関与している。
  • リジン・・・・カツオやマアジといった魚類に含まれており、身体の組織を修復してくれる。

AGAとアミノ酸系シャンプーについて

AGAの直接的な治療に繋がるわけではありませんが、少しでも抜け毛を予防して頭皮環境を正常に保ちたいのであれば、アミノ酸系シャンプーの使用がおすすめとなっております。

 

一般的に薬局で販売されているシャンプー剤とは異なり、アミノ酸系シャンプーは、「皮膚細胞に対する毒性が圧倒的に少ない」「頭皮からタンパク質を溶かしださない」「皮膚を保湿してくれる」という特徴があるのです。

 

石油系の界面活性剤がこの中には含まれておらず、低刺激で頭皮トラブルを引き起こすことはないため、AGAの症状を悪化させるようなことはありません。

 

既にAGAを発症している方が刺激的な成分が含まれているシャンプー剤を使っていると、頭皮環境が徐々に悪化して毛髪に良くない影響が加わり、抜け毛の本数が増えてしまうのです。

 

当サイトでも石油系の界面活性剤といった成分が排除されたアミノ酸系シャンプーの「プレミアムブラックシャンプー」をご紹介しております。

 

発毛効果を大きく上げてAGAの治療に繋がるわけではありませんが、「洗浄」「保湿」「栄養補給」という3つの点に着目して作られた製品なので、是非「プレミアムブラックシャンプー」を購入してみてください。

 

 

>>> プレミアムブラックシャンプーの詳細はこちら

 

 


「AGAと関係のある栄養素」に関するページ