AGAと亜鉛

AGAと亜鉛について

牡蠣・うなぎ・チーズ・レバー・大豆・納豆・アーモンド・卵黄といった食品の中に含まれている亜鉛は、髪の毛に欠かせない栄養素の一つとなっております。

 

現在ではサプリメントとして亜鉛は販売されておりますが、食品としても摂取することは可能で、AGA(男性型脱毛症)の改善や予防に必要不可欠なのです。

 

日本人男性の約3人に1人の割合で悩まされているのがAGAで、5α-リアクターゼという酵素が男性ホルモンのテストステロンに働きかけ、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成することで脱毛症状が進行していきます。

 

ハゲ方のタイプには個人差があるものの、体内でジヒドロテストステロン(DHT)が生成されることには変わりなく、時間の経過によってどんどん症状が加速されていくのです。

 

そのジヒドロテストステロン(DHT)を抑制してくれるのが亜鉛で、厳密には5αリダクターゼを制御する働きがあるので、定期的に摂取することでAGAの予防に繋がります。

 

亜鉛は滋養強壮に繋がる栄養素の一つとなっており、偏った食生活を送っている男性は慢性的に不足しやすいので、髪の毛のためだけではなく健康のためにこのミネラル分を摂取した方が良いかもしれません。

 

亜鉛不足によって成長障害・貧血・皮膚炎・脱毛症・味覚障害といった症状が引き起こされやすく、場合によっては男性機能の低下に繋がります。

 

既にAGAの治療をクリニックで行っている方で、医薬品のプロペシアを服用していた場合、副作用として性欲減退といった男性機能の低下が引き起こされやすいという報告があるので、同時に亜鉛を取り入れるようにしましょう。

 

 

  • 肌荒れやシミが目立っている
  • 抜け毛の量が多い
  • すり傷が治りにくい
  • 立ちくらみが生じる
  • 目の疲れが酷い
  • 精力が以前と比べて衰えた
  • 物忘れが激しくて疲れやすい
  • 風邪を引きやすくなって体調不良で悩むようになった

 

 

上記のような症状が引き起こされている方は慢性的に亜鉛が不足しているかもしれないので、毎日の食生活で補えないのであればサプリメントといった健康食品に頼るべきです。

 

ミネラル分の亜鉛は5αリダクターゼを抑制するだけではなく、細胞そのものを活性化させる働きも持ち合わせており、毛母細胞の弱体化を防いでAGAを予防してくれます。

 

毛母細胞が弱っていると髪の毛が十分に育たずにやせ細り、直ぐに抜け落ちるような弱い髪の毛ばかりになりやすいので、AGAの予防には毛母細胞の活性化が欠かせないのです。

 

当サイトでご紹介している「fuerza(フェルサ)」は育毛サプリメントの一つで、ノコギリヤシや亜鉛を中心に髪の毛の生成に欠かせない栄養素がたっぷりと含まれております。

 

髪の毛を新たに生やすような効能はありませんが、「fuerza(フェルサ)」でヘアサイクルを正常な状態へと近づけられるので、是非一度飲んでみてください。

 

 

 

 

 

 


「AGAと関係のある栄養素」に関するページ