AGAの治療のリスク

AGAの治療のリスクについて

AGA(男性型脱毛症)の治療の中にはリスクを伴う方法があるので、事前にきちんと心得ておかなければなりません。

 

基本的にクリニックを受診していきなり手術が勧められることはなく、医薬品の服用でAGAの治療を行っていきます。

 

どの医薬品でも副作用がつきまとうため、得られる効果とリスクの両方を知って上手に付き合っていくことが大事なのです。

 

AGAの治療として日本皮膚科学会で推奨されているプロペシアの場合、男性機能の低下や食欲不振といった副作用のリスクがあり、頭がボーっとして全身倦怠感に悩まされる方もいらっしゃいます。

 

同じようにミノキシジルにも副作用が引き起こされることがあり、内服薬の場合は眠気や倦怠感、外用薬の場合は頭皮の痒みや赤みです。

 

どちらの医薬品を使ってAGAの治療を行っていくとしても、抜け毛を抑えたり発毛を促進したりという嬉しい作用に加え、不快な症状に悩まされるリスクがあることを頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

このように聞いて不安感が高まる男性の方はいらっしゃいますが、「プロペシアは1日に1錠を服用」「ミノキシジルは1日に2回の塗布」という使用方法をきちんと守っていればそのリスクを回避できるはずです。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは両方のAGAの治療薬を処方しており、使い方について専門医が詳しく説明してくれます。

 

親身になって相談に乗ってくれますし、スマートメソといった他の治療法でAGAを克服することもできるので、毛髪の悩みを抱える方は湘南美容外科クリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの治療として植毛手術を選択する方も意外と多く、普通の皮膚科では行われておりませんが、専用のクリニックで施術を受けることができます。

 

自毛植毛(自分の髪の毛を植え込む)にしても人工毛植毛(人工的に作られた髪の毛を植え込む)にしても、治療の際にはある程度のリスクが生じるのです。

 

自毛植毛の場合は、「術後の吐き気」「麻酔が切れた後の痛み」「頭皮に残る後遺症」、人工毛植毛の場合は、「拒絶反応による炎症や化膿」「頭皮の荒れ」「数年後に抜け落ちる」といったリスクが考えられます。

 

どちらの治療も保険が適用されないため高い費用がかかりますし、身体に思わぬトラブルが生じるリスクがあるということで、医師と良く話し合ってから施術を受けなければなりません。

 

良心的なクリニックであればいきなり患者さんに植毛手術を勧めることはなく、血液検査や遺伝子検査を行った後に医薬品を処方して様子を見るはずです。

 

軽度のAGAならば無理に手術を受けなくても薬物療法で症状の改善を図れますし、現在ではプロペシアやミノキシジル、ザガーロなど効果的な内服薬や外用薬が次々と誕生しています。

 

高い費用の手術ばかりを推してくるようなクリニックは怪しいですし、患者さんの気持ちを何も考えていないので十分に注意してください。


「AGAの治療のデメリット」に関するページ
AGAの治療の副作用
AGAの治療のリスク
AGAと不妊