AGAと不妊

AGAと不妊について

AGA(男性型脱毛症)の治療を行っていると不妊のリスクがあるということで、不安を抱えている男性の方は非常に多くいらっしゃいます。

 

その噂によると、AGAの治療を行っている時は男性としての生殖機能を発揮することができず、女性と性行為を行ったとしても妊娠しづらい状態になってしまうというわけです。

 

全てのAGAの治療に該当するわけではありませんが、医薬品のプロペシアの処方の場合は確率にして数%程度で男性機能の低下といった副作用が報告されております。

 

プロペシアの服用によって性欲減退や勃起不全といった不妊の原因を作る副作用が出るのは、配合されているフィナステリドと呼ばれる成分に問題があり、男性ホルモンのDHTを生成しにくくして抜け毛や薄毛を解消してくれるのです。

 

実際に、精子の異常が見られた男性がプロペシアによるAGA治療を中断したところ、精子濃度が10倍以上増加したというデータがあるため、男性不妊のリスクは少なからずあるかもしれません。

 

それでも、ほとんどの男性はこのような副作用なくAGAの治療に専念できますし、プロペシアは男性ホルモン自体に働きかけるのではなく、テストステロンをDHTに変える酵素を弊害するだけとなっております。

 

風邪薬を服用して眠気が引き起こされるように、どの医薬品でも何かしらの副作用がありますが、絶対に引き起こされるわけではないので安心というわけです。

 

それでも、不妊のリスクが怖いというのであれば、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでAGAの治療を行うことをおすすめします。

 

AGAの専門医の指示に従って治療を進めていれば、副作用で悩まされる確率を下げられるはずなので、薄毛の悩みを抱える方は湘南美容外科クリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、不妊の原因のリスクが僅かながらもあるプロペシアは、実際に日本皮膚科学会でAランクのAGAの治療法に認定されております。

 

もし、高確率で不妊を引き起こすような医薬品であれば、最も推奨されるAランクに位置するはずがありませんし、基本的には安全性の高い医薬品なのです。

 

それに、プロペシアの服用で精子の濃度が回復するのであれば、検査を受けて精子濃度に異常が生じた段階で服用をやめるというステップを踏めば、重篤な事態にはならないでしょう。

 

この医薬品は服用し続けてこそ大きな効果を発揮し、飲むのをやめれば少しずつAGAが進行してしまうことを頭に入れておくべきです。


「AGAの治療のデメリット」に関するページ