成長因子を用いたAGAの治療

成長因子を用いたAGAの治療をクリニックで受けよう

成長因子とはグロースファクターとも呼ばれており、特定の細胞の増殖や分化を促すタンパク質と定義されています。

 

「細胞を刺激して細胞分裂を促す」と説明すると分かりやすく、成長因子はAGA治療として取り入れられているのです。

 

AGAメソセラピーや育毛メソセラピー、グロースファクター再生療法などクリニックによって名称は異なるものの、薄毛治療として効果的だと一昔前から有名となりました。

 

「精神力で髪の毛が生える」「生活習慣の見直しで発毛力を高める」というオカルト的な治療ではなく、成長因子を頭皮へと直接投与して発毛を促していきます。

 

・新陳代謝を促して発毛しやすい環境を作る

・高い抗酸化作用で細胞が酸化するのを防ぐ

・頭皮の血行を促して健康で抜けにくい毛髪を維持する

・乱れたヘアサイクルを整えて休止期に至った髪の毛を成長期に戻す

・加齢が原因で弱くなった毛母細胞を刺激して発毛力を高める

 

成長因子の種類によって異なるものの、上記のような効果が得られる点では一緒なのでAGA治療として積極的に取り入れられているのです。

 

年齢によってAGAを発症して薄毛が進行していくのは仕方ありませんが、その現象を少しでも食い止めることが大事なのではないでしょうか。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでは、成長因子(グロースファクター)を注入する育毛メソセラピーが取り入れられています。

 

オーダーメイド処方で使用する薬剤治療とは違った効果が得られるので、一度湘南美容外科クリニックを受診して専門医から詳しい説明を受けてみてください。

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 


成長因子にはどんな種類がある?

以下では、成長因子にどのような種類があるのか幾つか挙げてみました。

 

ケラチン細胞増殖因子(KGF):髪の毛を生成するのに欠かせないケラチンを増やす

インスリン様成長因子(IGF):毛母細胞の分裂を促して発毛力を高める

肝細胞増殖因子(HGF):休止期の毛包を成長期に導いてヘアサイクルを整える

上皮成長因子(EGF):シミやくすみなど肌トラブルを改善する

血小板由来成長因子(PDGF):細胞を増やして組織の修復力を高める

 

全ての成長因子がAGA治療で使われているわけではありませんが、発毛に効果的な有効成分なのは間違いありません。

 

投薬治療で大きな変化が得られないという男性は、薄毛を克服するためにグロースファクター再生療法を積極的に受けてみてください。


「AGAの治療」に関するページ