リアップによるAGAの治療

リアップによるAGAの治療について

リアップ(RiUP)は1999年に大正製薬から販売された育毛剤で、日本皮膚科学会でも推奨されているミノキシジルが含まれているということで大正製薬から製造されております。

 

1980年代にアメリカで製造されたロゲインと同じ頭皮に直接塗布するタイプの育毛剤ですが、国内で認可されているということでリアップ(RiUP)の方が遥かに安全性が高いのです。

 

リアップ(RiUP)が他の育毛剤と比べて効き目があると言われているのは、紛れも無くミノキシジルが含まれているからではないでしょうか。

 

AGAが原因で抜け毛や薄毛がだんだんと進行し、月日が経過して脱毛スイッチが入った毛根は自然と再生することはないです。

 

そこで、外用薬でも内服薬でもミノキシジルを使用することによって頭皮の血行を促進させ、脱毛スイッチが入った毛根の再生を促せるため、AGAの治療として活用されております。

 

ミノキシジルの含有量が1%のリアッププラスと、5%のリアップX5の2種類が市販で販売されており、どちらも成人男性(20歳以上)に限られているので十分に注意しなければなりません。

 

ミノキシジルが5%配合されているリアップX5を開発した際の臨床試験では、約93%の体験者の方に発毛効果が見られたということで、AGAの治療の促進に繋がることは間違いないのです。

 

現在ではリアップは通信販売を停止しており、お近くのドラッグストアで販売されているはずなので、定価5,500円のリアッププラスと定価7,400円のリアップX5をおすすめします。

 

実際に、AGAの治療を行っているクリニックの専門医の中にはリアップを推奨している方がおり、プロペシアの処方とともに薄毛の改善に欠かせないということがお分かり頂けるはずです。

 

使用方法は実に簡単で、リアップ1mlを1日に2回に渡って頭皮に塗布するだけとなっており、この際に目や口の中に入らないように慎重に処置を施しましょう。

 

リアップだけで思うような発毛効果が出ないという方は、同時に抜け毛を抑制するプロペシアの併用が実に効果的で、攻撃と防御を組み合わせることで今の状態から抜け出すことができるはずです。

 

当サイトでは残念ながらリアップはご紹介していないものの、代わりにオオサカ堂から販売されている「ジェンヘアー ミノキシジルローション」をおすすめしております。

 

こちらもリアップと同じようにミノキシジルが含まれたタイプの育毛剤で、毛髪の再生を強力に促進してくれるのです。

 

肌質が弱くてトラブルが生じやすい方は「ジェンヘアー ミノキシジル5%ローション」、AGAの症状が進行している方は「ジェンヘアー ミノキシジル15%ローション」を使ってみてください。

 

 

>>>5%のミノキシジルローションはコチラ

 

 

>>>15%のミノキシジルローションはコチラ


「AGAの治療」に関するページ