ミノキシジルによるAGAの治療

ミノキシジルによるAGAの治療について

プロペシアとともにAGA(男性型脱毛症)の治療に有効だと考えられているのがミノキシジルで、毛母細胞近くの毛細血管を太くして血行を促す作用があります。

 

日本ではリアップといった市販で販売されている育毛剤の中にミノキシジルが含まれており、今までは頭皮に送られていなかった栄養素が行き渡るようになり、髪の毛の細胞が活性化されてAGAの治療に繋がるという仕組みです。

 

日本皮膚科学会のガイドラインでも最も推奨されるAランクにミノキシジルは位置しており、現在ではAGAの治療において欠かせない存在となりました。

 

元々は高血圧で悩む患者さんに血圧降下剤として服用していたものの、副作用の一つとして体毛が濃くなることが分かり、今ではAGAの治療に活用されているのです。

 

しかし、個人差はありますがミノキシジルは医薬品の一種ということで副作用のリスクがあり、「多毛症」「むくみ」「動悸」「頭皮の痒み」「頭皮の炎症」「脂漏性皮膚炎」といった症状の可能性があります。

 

飲むタイプのミノキシジルは副作用に悩まされる確率がアップしやすいので、最初は頭皮に直接塗布するタイプのミノキシジルでAGAの治療を開始した方が良いかもしれません。

 

それでも、抜け毛を抑制するプロペシアとは異なり、ミノキシジルは直接毛母細胞に働きかけてくれるため、細胞を活性化させて発毛に繋げやすいという特徴があります。

 

どちらのミノキシジルを使ってAGAの治療を行えば良いのか素人では分からないかもしれないので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックで専門医からの指示を仰ぐべきです。

 

湘南美容外科クリニックでもミノキシジルが含まれたオリジナルタブレットや育毛剤の処方を行っているので、まずはカウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、ミノキシジルは頭皮全体に効力を発揮するわけではなく、頭頂部の薄毛に効き目があるという特徴があります。

 

生え際の薄毛は脱毛ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の力が強く、元々血流が悪くなっているのでミノキシジルは不向きというわけです。

 

そこで、ミノキシジル単体でAGAの治療を行うのではなく、5αリダクターゼを阻害してDHTを作らせにくくするプロペシアの併用で効果を倍増させることができます。

 

実際にどちらも日本皮膚科学会のガイドラインで推奨されているAGAの治療ですし、2つの医薬品の併用であれば生え際でも頭頂部でも、個人の薄毛の状態に関わらず改善できるのではないでしょうか。

 

この2つのAGA治療薬は効果が異なり、プロペシアはどちらかと言うと抜け毛を抑えて現状維持する守りの治療、そしてミノキシジルは積極的に発毛を促す攻めの治療だと説明できます。

 

これらを組み合わせば相乗効果によって育毛作用は以前にも増して飛躍的に高まりますし、この方法を推奨している専門医も少なくありません。

 

ただし、2つの医薬品を服用するということは、それだけ副作用のリスクを高める結果となるので、医師の指示の下で用法と用量を守ってAGAの治療を進めていくべきです。


「AGAの治療」に関するページ