AGAの治療と子作り

AGAの治療と子作りについて

AGA(男性型脱毛症)の治療を行っている最中に子作りをしても良いのかどうか、気になるという夫婦の方は決して少なくありません。

 

女性が医薬品を服用していなくても、夫がAGAの治療のためにプロペシアやミノキシジルを服用し、胎児に副作用の影響が出るのではないかと不安になるのは当然のことです。

 

基本的に服用した医薬品の成分が精液に移行することはないので、AGAの治療を行っていても子作りをすることはできますが、服用する医薬品の種類によって大きく異なります。

 

ミノキシジルが含まれた外用薬や内服薬は子作りに特に悪影響はなく、女性が服用するのはやめた方が良いものの、男性が飲んでいたとしても問題はないはずです。

 

しかし、フィナステリドという成分が含まれたプロペシアの場合は、男性ホルモンのDHTを抑制する力があり、妊娠中の女性が服用することで発育間もない男児の発育障害が生じるリスクがあります。

 

子作りをしている段階ではまだ大丈夫かもしれませんが、妊娠中の女性にとってプロペシアの粉末を少量吸引するだけでも胎児にとっては悪影響なので、服用している男性は細心の注意を払った方が良いでしょう。

 

DHTは脱毛を引き起こす大きな原因となり、AGAで悩む人がその産生を抑えてくれるプロペシアを服用することで抜け毛を抑制し、薄毛の治療に繋がります。

 

それでも、女性や胎児にとっては悪影響でしかないので、これから子作りをしていこうと考えている夫婦は、お互いに話し合ってからAGAの治療を始めるのか決めた方が良いのです。

 

どのクリニックで処方されるプロペシアも粉末状で渡されるわけではなく、中身の成分が露出しないようにしっかりとコーティングされております。

 

とは言え、ピルカッターで割って服用すると成分が飛散する可能性が高く、フィナステリドは皮膚から浸透して胎児へと悪影響を及ぼすことも懸念されているため、割らずにそのまま服用しなければならないという決まりがあるのです。

 

以上のような点に注意していれば、男性がAGAの治療のためにミノキシジルやプロペシアを服用していたとしても、精子に成分が混入して受精した時に悪影響を及ぼし、奇形児が生まれるような心配はありません。

 

動物実験でもそのような症例はないものの、万が一があるかもしれないので、子作りを考えている夫婦はしっかりと専門医の指示に従ってお互いにAGAの治療に関する知識を持っておくべきです。

 

当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックであれば、患者さんの視点に立って治療を進めてくれるので、インターネットから無料カウンセリングの申し込みを行ってください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの治療」に関するページ