AGAの治療による効果

AGAの治療による効果について

AGA(男性型脱毛症)の治療を行って、実際に効果が得られるのかどうか不安を抱いている方はいらっしゃるはずです。

 

育毛シャンプーの使用などを除き、AGA専門のクリニックや皮膚科で治療を進めていく場合、どんな方法でも保険適用外なので高い費用を支払わなければなりません。

 

高い費用を支払ったのにも関わらず大きな効果が得られないのであれば無駄だと考えるはずなので、不安を抱く気持ちは大いに分かります。

 

AGAの治療法によって異なるので一概には説明できませんが、プロペシアやミノキシジルといった医薬品の服用はある程度の効果があらわれるまでに長い期間がかかることを頭に入れておくべきです。

 

目に見えるような効果があらわれるまでに必要な治療期間を6ヶ月と定めており、これを1クールとしてAGAを改善していきます。

 

内服薬のプロペシアに関しては、日本で行われた臨床試験の結果、1年目での改善率が58%だったのに対し、2年目には68%3年目には78%と、どんどん上昇していきました。

 

抜け毛を抑えて薄毛の進行を食い止めるという意味ではほぼ100%の効果が得られるということで、プロペシアの服用は日本皮膚科学会でも推奨されているAGAの治療なのです。

 

外用薬と内服薬の2種類があるミノキシジルも同じで、血管を拡張して髪の毛に栄養が行き渡りやすくなる成分ということで、約98%の人が現状維持を含めて薄毛を改善できたという結果が出ました。

 

これらに加えて、無痛の育毛メソセラピーといったAGAの治療効果を引き出す方法を行えば、変化を得られるまでの期間が短くなるはずなので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックをおすすめします。

 

これらの効果の高い治療に加え、薄毛治療の最高峰とも言われているARTAS(アルタス)を使った自毛植毛手術も湘南美容外科クリニックで受けられるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、AGAの治療効果を得たいと考えているのであれば、早めに何かしらの処置を施す必要があります。

 

年齢を重ねてから対処をして効果が得られないというわけではありませんが、AGAの症状が進行してほとんど髪の毛がなくなった状態から医薬品を服用しても変化は得られないのです。

 

自分の側頭部や後頭部の髪の毛を移植する自毛植毛や、人工毛を植えつける人工毛植毛といった治療の選択肢はあるものの、手術を受けるには高い費用がかかってしまいます。

 

AGAは絶対に手術をしなければ改善できないというわけではなく、早期治療を心掛ければ進行を食い止めることは可能なので、早い段階で対策を練った方が良いことはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

20代後半になれば仕事によるストレスが加わり髪の毛にも何かしらの悪影響が加わりますし、30代を過ぎれば頭皮が脂ギッシュになって清潔感が失われていきます。

 

「○○歳からAGAの治療を始めると効果が高い」というような指標はありませんが、自分の毛髪に違和感を抱いた段階で何かしらの対策を練るようにしてください。


「AGAの治療」に関するページ