AGAの治療の方法

AGAの治療の方法について

現在では様々なAGA(男性型脱毛症)の治療の方法が採用されており、自宅で処置を施したりクリニックで手術を受けたりと色々な選択肢があります。

 

どのようなAGAの治療方法を実践すれば良いのか症状によって異なるという特徴があるため、このページでは薄毛の状態に合わせて説明しているので是非参照してみてください。


T型(AGAが始まっていないor気付かない程度)

AGAの症状が始まっておらず、進行していたとしても変化に気付かない程度の方はT型と呼ばれることがあり、特にクリニックで治療を受ける必要はありません。

 

とは言え、これからAGAが進行していくことも考えられるので、将来の備えて育毛剤や育毛シャンプーといったグッズを使用する方法がおすすめとなっております。

 

医薬品を使って専門的な治療を行う段階ではないということで、刺激の強い市販で販売されているシャンプーの使用を避け、育毛シャンプーで頭皮ケアを行うのがベストです。


T型orU型(抜け毛が気になりAGAの進行が始まっている)

抜け毛が以前にも増して気になりだし、AGAの進行が始まっているT型やU型の薄毛の方には、プロペシアやミノキシジルといった医薬品の服用で治療を行うのが適しております。

 

プロペシアもミノキシジルも日本皮膚科学会で推奨されている治療方法で、どちらも一定の期間に渡って使うことで大きな変化を得られるのです。

 

男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変化するのを防いで正常な髪の毛の成長を取り戻せるプロペシアは、適応対象が男性のみとあらかじめ決められており、M字型の薄毛の方に大きな効果を発揮します。

 

一方で、元々は高血圧の治療薬として開発され、血管を拡張させて血行を促し発毛力を向上させるミノキシジルは、内服薬でも外用薬でも性別による制限はなくO型の薄毛の改善に繋がるでしょう。

 

国内で認可された正規のルートでこれらの医薬品を服用する場合、専門医の処方箋がなければ入手できないため、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックを受診してみるべきです。

 

湘南美容外科クリニックでは他のAGAの治療方法も選択できますし、何よりも専門医からアドバイスを受けられるので、無料カウンセリングを一度受けてみてください。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 


V型orW型(前頭部や頭頂部の薄毛が進行している)

前頭部や頭頂部といった部位の薄毛が進行しているV型とW型の方は、上記でご説明したプロペシアやミノキシジルの服用に加えて、HARG療法がおすすめです。

 

個人の体質や症状によっては大きな変化が得られない場合も十分にあり得るので、AAPE製剤とビタミン製剤のカクテルを直接頭皮への注入する方法のHARG療法が適しております。

 

AGAの治療を行っているクリニックによって使用されるカクテルには微妙に違いが生じているかもしれないので、実際に施術を受ける前に専門医から説明を受けておいた方が良いかもしれません。

 

育毛剤よりも直接頭皮へと注入した方が遥かに効果が高いですし、発毛が以前よりも促されて細胞を活性化させ、早く髪の毛を成長させることができます。


X型orZ型(薄毛が進行して毛髪のない部分がある)

薄毛が進行して毛髪のない部分があるX型やZ型の方は、上記の方法で改善できないわけではありませんが、思うような発毛効果を得られないことの方が多くなっております。

 

そこで、このような方にはAGA専門クリニックでの自毛植毛手術がおすすめで、自分の頭皮の毛母細胞を直接脱毛部分に移植して発毛を促せるのです。

 

カツラの着用はAGAの根本的な改善には至りませんし、薄毛のカモフラージュ効果しかないと説明できます。

 

その点、自毛植毛はまだ頭皮に残っている後頭部や側頭部の髪の毛を移植させるという方法で、以前のように抜けたり生えたりというサイクルを繰り返してくれるのです。

 

上記でご紹介したガーデンクリニックでもこの治療が実施されているので、興味がある方は無料カウンセリングの際に伺ってみてください。

 

 

>>> ガーデンクリニックの無料カウンセリング

 

 


「AGAの治療」に関するページ