生え際のAGAの治療

生え際のAGAの治療について

生え際が徐々に後退したり頭頂部からだんだんと髪の毛が薄くなって地肌が見えるようになったりと、AGA(男性型脱毛症)の症状には個人差があり、ゆっくりと進行していきます。

 

抗がん剤の投与の副作用のように一気に脱毛が進行するのではなく、目には見えないスピードで進んでいくので早めの治療によって生え際の後退も頭頂部のハゲも改善できるのです。

 

生え際の薄毛、いわゆるM字型ハゲの症状の方はプロペシアの服用による治療が効果的だと言われており、クリニックを受診して処方してもらったり、個人輸入代行業者を利用して入手する形となります。

 

生え際は脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)が最も多く存在している箇所の一つで、後頭部や側頭部と比べて生え際の脱毛が生じやすいのはDHTが大きな原因です。

 

血管拡張作用のあるミノキシジルの服用だけでは改善が難しいため、DHTが産生されないようにプロペシアの服用で抑えることで、生え際部分の抜け毛がストップして徐々に産毛が濃くなっていくでしょう。

 

服用し始めて最初は産毛だけしか生えてこなかったとしても、正常なヘアサイクルを持った毛髪が後から生えてくるので、AGAの治療に繋がるというわけです。

 

生え際から薄毛が進行し始めるU型や、頭頂部も同時にO型になりつつあるU(Vertex型)など個人によってAGAの症状は異なるので、当サイトでご紹介している湘南美容外科クリニックでAGAの治療を行ってみてください。

 

湘南美容外科クリニックでもプロペシアの処方は行われているので生え際の薄毛の治療に繋がりますし、個人の症状に合わせて他の有効な治療も示してくれるはずです。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニックの無料カウンセリング

 

 

さて、生え際の薄毛に限った話ではありませんが、今後も徐々にAGAで悩む人の数は増えていくと予想されております。

 

既に日本人男性のハゲ率は25%を超えており、全ての年齢の男性を総合すると1,260万人に及ぶというデータが出ました。

 

今でさえAGAで悩んでいる方が多いのにも関わらず、少子化の影響で高齢者は増え続け、先の見えない途方もない不安からストレスを抱える方が多いため、薄毛の治療に取り組む人口も徐々に増えていくと考えられているのかもしれません。

 

仮に薄毛が進行していたとしても、早めに治療を施していれば手遅れになるケースは少ないですし、AGA自体を完治させることはできなくてもスピードを和らげることは十分にできます。

 

そのため、「ちょっと髪の毛が薄くなってきたかな」「生え際が少し後退しているような気がする」と違和感を持った段階で何かしらの対策を練るようにしてください。


「AGAの治療」に関するページ